Open site navigation

キッズ教育を意識した運営

お絵かきに「正解」はありません。


あらゆるアウトプットは自己表現(=アート)であり、上手な画を描くことが正解だと考えるほうがむしろ発想の貧困と言われる時代です。


正解のない未知の課題に取り組む姿勢こそが知育や教育の本質です。


ミラクルペイントは、やり直しが簡単にできる画材です。

やり直しが簡単にできるということは、同時に失敗を恐れる必要はないということを意味します。


様々なアプローチを試せるということはアート教育の本質を遂行することができる画材とし評価されています。


ではどのようなコミュニケーションをとれば、このボディペイントを活用したアート教育ができるのかこちらのムービーを御覧ください。





STEAM教育やアクティブラーニングとった、詰め込み型の教育はもう過去のものです。


ミラクルペイントは、東京都が主催する世界発信コンペティション 東京都革新的サービスを受賞したのは、こうした社会的価値があったからこそです。