知育画材としての活用法

何を描こうかな。

どんな色が似合うかな。

〇〇って言われると嬉しい。

作戦会議が喜びを何倍にもする。

色と形の組み合わせを

遊びの中で理解することは、

未知の問題を解決する力を、

育むことにつながります。

子どもたちは

ミラクルペイントを一度使うと、

絵本の見方や、

デザインに対する姿勢が一変します。

アイデアは、そこらじゅうにあります。

​肌の上なら、

上手や下手もありません

何度でもやり直しがすぐにできる

​ミラクルペイントなら

筆や画用紙ではできない

「トライアンドエラー自体が楽しい」

という本質を、

見事にレクリエーション化し、

お題を変えることで、

教育で必要とされる

変化と繰り返し

実践することができます。

誰かを喜ばせることができた!

みんなが楽しい思い出を作っている!

美術の先生じゃなくても、

教えることができる

本当の「アート(=自己表現)」

ここにあります。

すべての体験が、

ストーリーに変わる瞬間を

​ミラクルペイントは

お約束いたします。

まずは、えのぐに触れてみてください。

​それだけでもおどろき発見があるはずです。

storempjp_icon.png